ガンダムグッズ専門店 ガンダマー・ドットコム
商品検索 >
RSS
ご利用案内
お問い合わせ
会社概要
かんたんリンク
イー・ショッピング・トイズ トップページへ
運営元:ハピネット・オンラインTOPページへ
 

● HCM-Pro担当者インタビュー@バンダイ静岡ホビーセンター 2006年6月22日(木)
バンダイご担当/ホビー事業部 企画開発チーム 松岡さん 
 
ガンダマー・ドットコムの新しい目玉企画、第1回目のインタビューとしてHCM-Proのお話を伺って来ました!
お話をお聞きしたのは、現在(株)バンダイのホビー事業部でHCM-Proを担当されている松岡さん。松岡さんは目のクリッとした感じが愛らしい、気さくで明るくて元気な女性の方。楽しい雰囲気の中で、普段では聞けないお話をタップリとお伺いする事ができました!今回より3回に分けてお送りします!


―まず、HCM-Proができた経緯というものからお聞きしたいのですが。
松岡さん:
ずっとプラモデルを作って来た中で、ホビー部だから出来る、完成品もあるんじゃないか、という事で、「ホビー事業部がプラモデルの完成品を作ったらどういう商品になるか」という発想が元々のコンセプトです。
どんどんプラモデルの技術が進化しているので、その技術で完成品を作りましょう、と。スケールに関しては、1/200というのは国際スケールではないのですが、サイズ的発想もあって、対決シーンを再現したりちょこっと飾る事ができたりするような、コレクション性を重視しました。
もう一方の背景には、ガンダムコレクションが沢山売れて、コレクションの需要も上がってきた、同時にもっといい物を、と言われ続けてスペックもどんどん上がってますよね。
その瞬間に、コレクショントイから「スケール」という名前を付けた「コレクションスケールトイ」というものに変えていこうと。おもちゃにはミニカーのようにコレクションの対象になるものがどんどん出ているのに、こういうロボットって全然出ていなかったので、そろそろ出してもいいんじゃないかと。昔の技術のままだったらHCM-Proでは作れないものが沢山あるんじゃないかと、最近色々なものを見ると思います。


―80年代に出た「ハイコンプリートモデル」と「HCM-Pro(ハイコンプリートモデル“プログレッシブ”)」の関連性はどうでしょう?この2つの間は時間的にかなり空いていて、その間にはMS in Pocketやマイクロガンダムなどありましたよね。こういう物があってのHCM-Proなのかと思ったのですが。
松岡さん:
ハイコンプリートモデルは、当時、”ホビー事業部のプラモデルの技術を注ぎ込んで作った完成品モデルはこういうものです“という商品でした。
HCM-Proは「プログレッシブ(=進化)」という名前をつけさせて頂いています。時間が経った今、そのハイコンプリートモデルを今の技術で作ったらこの形になります、というご提案なんです。
スケールが違うのはさっきお話した「集めやすいサイズってどういうサイズなの?」っていう部分から来ているものなので、このサイズでは精密感とか本物感などが入りきれない、となったらまたサイズを考えるかも知れませんが。


―HCM-Proでは金属パーツを使っていないですよね?昔のプラモデルは関節の所が良く折れたりしていましたから、ハイコンプリートモデルでは金属だったんですよね。
松岡さん:
中々鋭い質問ですね〜。ゆくゆくはハイコンプリートモデルでやったように金属パーツなどもチャレンジしてみたいですね。私も勉強の為にと思って、模型屋さんで見つけて、ハイコンプリートモデルのZガンダムを買いました。あの「伝説」の。やっぱり伝説でした(笑)。その時にその裏の表記を見て、ちょっとびっくりしました。すごい商品だなって(笑)。
松岡さん:
遊ぶ能力もある程度必要とする、当時とすれば画期的な商品だったと思います。そんな、当時としては突き詰めたスペックであるが故に、今でもまだこのハイコンプリートモデルのファンの方が居て下さるんだなって感じています。
HCM-Proが出た事で、ハイコンプリートモデルは前のモデルだと見られちゃうんですが、このプロトタイプのハイコンも大事に思ってくださるファンの方がいらっしゃるというのは、当時妥協せずに作った部分がお客様の心を捉えてるのかな、という風に感じます。


―HCM-Proのシリーズを立ち上げる時には、何か技術的な進歩や切っ掛けがあったのですか?
松岡さん:
明確にはないんですが、金型の成型技術が上がったという事だと思います。そのひとつは成型の肉厚です。通常1.2〜1.5ミリぐらいなんです。当然大きくなればなるほど、強度を取るために肉厚が必要になるんですけど、HCM-Proは小さいから例えば「外部装甲・内部フレーム・外部装甲」という風に、隙間がなくなってきちゃうんです。
そうなると、平均の肉厚が0.8ミリとか部分的にはもっと薄くと、追い込んでいかなきゃならないんですよね。そうしたときに、高い精度で誤差無く量産する事ができる技術が何となく見えて来たことです。あとはABS・PVC・POMという風に色々な素材を使って、強度もちゃんと考えられるようになってきたので、じゃあ作ろうという事になったんです。
もちろん先ほどお話させていただいた、市場全体の完成品への要望がコレクションブームを背景に、特にガンダムでは大きく変化した、と言うのも大きな要因です。


―そういえば、HCM-proの父!という方はいらっしゃるんですよね?どのような方なんですか?
松岡さん:
HCM-Proシリーズを立ち上げたのは筒井という者です。3年前ですね。その後引き継いだのは鶴田で、そのあと私が引き継いでいます。3代目です(笑)。


―HCM-proの立ち上げの時の逸話などがあったら教えてください。
松岡さん:
他のガンダム商品と差別化するのに一番苦労したと聞いています。立ち上げ当時、雑誌に、あえてスケールを謳わずに写真だけ記事として載せてもらって、その時の評判が「これは1/100だろう」「1/144だろう」というものでした。その意見を聞いたときに、「あ、これやってもいいかもね」ということになって、商品のコピーとして使われている「スケールを超えた精密感」が達成出来たと感じたと言ってました。
そのあと上司に値段が高いだのなんだのこてんぱんに言われながら…発売までかなり苦しんだとかも聞きましたが…、私は、配属前だったので、そのあたりはあんまり関係ない…かな〜と…。
という感じで、開発にGOがかかって、4点同時発売を迎えるわけですが、この頃私は別のチームにいて、出荷指示書いてました(笑)。 あと、お店にサンプルをもっていって飾ったり…。可動することをどうやったらお客様に伝えられるかいろいろ考えてました。最初にガンダムだけ出してもシリーズとして認識してもらえない、ということで4点同時発売でしたね。


―発売当時のユーザーさんの反応はいかがでしたか?
松岡さん:
発売前に発表会をやらせて頂いた時、すごく色々な所から取材要請を受けたというのは聞いています。その4点同時発売の後はかなり反響を頂いていたのですが、その後は月1点ずつの発売になって、爆発的にというよりは徐々にファンの方が増えたという感じでした。


―ハイコンプリートモデルの時はエルガイムなど他のキャラクター商品があったのですが、HCM-Proではそのような展開はしないんですか?
松岡さん:
基本的にはすごくやりたいですね。今後、そういう可能性はあります。スケールトイという概念を一番に持っていますので、極端な事を言うと、ロボットだけでなく「こんなに精密なんだけど、遊びの要素はいれてあるんですよ」というものも作っていきたいというのが根底にあります。
精密感というのを利用して、例えば、あのキャラのバイクとか、あの飛行機とか…。商品展開できたらいいなと思っています。


―今はたまたま1/200というスケールですけど、他のものも出すとしたら10センチ位の手のひらサイズですか?
松岡さん:
そうですね。そこでいかに精密感を出していけるかという事だと思います。何分の一というのは今、たまたまモビルスーツは1/200でやってますけど、違うものをやる時は変わっちゃうかも知れないです。
そういいながら違うサイズも出しちゃったりして(笑)。急に「マイクロガンダム」みたいなやつとか(笑)。でもそういうのは、スペックと相談しながら、ですね。1/200に入りきらないスペックも、まだまだ企画の中にはあるかもしれませんね〜(笑)。


―HCM-proのラインナップの中で、最初のものから最新のものまでの間に、マイナーチェンジは行われていますか?
松岡さん:
マイナーチェンジとか改良の部分は、多分、1つは必ずありますよね。商品が発売されるごとに「前の商品よりもここの部分は良くしよう」という技術的な部分はそれぞれに何かしらありますね。最初のものと最新のものでは全然違いますね。もうヤバイくらい(笑)。


―それぞれのHCM-proに、共通のパーツは使われているんですか?
松岡さん:
基本的には全部違いますね。使いたいんですけど、この大きさだと、そこにピッタリ入るものにしないと、スペースが無いんですよね…。同型機などはさすがに一部共通のものはありますが。


―HCM-proが実際に売り出されて、当初では思ってもみなかった事はありますか?
松岡さん:
思っても見なかった事ですか…ジャブローセットですかね…。カラーリングとか…単品のセットとの色の違いは結構話し合いを重ねた感じですね。確かHCM−Pro初だったんじゃないですか。同時発売して、若干色味が違う仕様っていうのは。


―それはなぜそうしたんですか?差別化ですか?
松岡さん:
差別化と同時に、単品で買うお客様とセットで買うお客様では、当然セットで買う方のほうが今までと違うものを欲しいと思われるお客様だろうと思って、ちょっとMSV的な色を入れたものを作ったんです。
セットで買われる方は、箱から出さないだろうなと…。(笑)。だから、箱の中で迫力あるものをと思ってたら、みんな遊んでくださって、その様子をネットにどーんと上げたりして楽しんでくださってたんで、「あ、開けて遊んでくださるんだ!!」って(笑)。企画としては、うれしいような、予測が外れたようなで複雑でしたね。あとはシンプルな理由なんですけど、洞窟の中に入っていれば黒いだろうって。(笑)
元々HCM-Proっていうのは色を決めるときに結構悩む事が多いんですよ。サザビーの赤とか。プラモデルだったら面の強さや押し出しで、ある程度軽い色や設定どおりの色でも馴染むんですけど、HCM-Proを設定どおりの色で作っちゃうと、ものすごく軽くなっちゃうんですよね。
スケールトイのスケールの部分が抜けていってしまうんで、色はワントーン落としたりして、見た目に重みを出しているんですよね。そこはちょっと苦労していて、それを加速させようとしたのが、マークまで入れたジャブローセットだったんです。


―最初から独自のパネルラインやマーキングが付いていたのは、単色だと安っぽく見えてしまうからですか?
松岡さん:
新しい表現をしたかったからですね。「プログレッシブ」の始まりですよね。スケールを超えた精密感はパネルラインなしでも再現しているのですが、更に密度感を高めるならば、パネルラインという手法だろうと。まあ、当然MSの密度が高くなれば逆にくどいものになっちゃうんで、今度はだんだん減ってくるという形なんですけどね。
最初のモビルスーツである1年戦争のMSは、形状がいわゆる「単純曲線」「単純曲面」で構成されています。でもサザビーなどはモビルスーツ自体が複雑で、そこにパネルラインの密度を高く入れてしまうと、混み混みになってしまいます。ですので、若干パネルラインは削っています。あとは、ポイントでナンバーやマークが入っているのはかっこいいかな、というのはありますね。最初、パネルラインは細かったんですけど、最近は太く集中した感じになっています。
このパネルラインの変化もハイコンの「プログレッシブ」な部分だと。はじめの4点からいろいろなところが進化して、「コレがHCM-Proだよね」ってお客様にわかっていただければとてもうれしいですよね。


―初期の段階と今でコンセプトの変化はありますか?
松岡さん:
基本的なものは変わらないです。「スケールを超えた精密感」それを1/200で表現していくっていう。小さくてシルエットを変えないで可動範囲を確保するために、股関節にHCM―Proならではのギミックを加えたりしています。今回のゲルググ(8月発売)も、スカートのサイドがパカっと開くというのは他のゲルググでは無いんです。
それを更に、重モビルスーツが小さくても重量感が感じられるように足を持ち上げて、腰貯めが出来るように(写真参照)作ってあります。高起動なのに重MS。再現出来ていますでしょうか?多分、こういった部分が作るところに楽しみのあるプラモデルとは違って、買ってからいじる楽しみがあるスケールトイの「トイ」の部分だと思っています。遊ぶ事を考えないと、買うだけではつまらないので、遊んだり、飾ったりするシーンを想定しながら、時にはMGでもやらないことを部分的には行っています。


コレクターの方々遊び方は、初めから予想していらっしゃった通りでしたか?
松岡さん:
HCM-Proを熱烈に支持して下さっているお客様は、我々が思っていたように本当に色々なポーズをとらせて、写真を撮って、自分のHPやサイトに上げたりして下さっているなあ、という感じです。
あまりポーズを取らせないようなコレクターの方もいらっしゃると思うんですが、逆にそういう方は箱のデザインを気に入って下さっているようです。箱はDVDのジャケットと同じサイズなんですが、幅が違っても高さは全部そろっているので、それを本棚にずらっと並べられる。それは個人のコレクションの仕方なんですが、そういった形の私達が想定していた集め方・遊び方で結構遊んでくださっているなぁ…って。
DVDの箱にした理由というのは、コレクションして出さないだろう、だから箱もきれいにしておこう、って。そしたらみんな遊び始めてくださって、あら…これは可動をちゃんとしなきゃな、困っちゃったな〜って(笑)。コレクションであるゆえの1/200であるし、コレクションし易い上でのDVDパッケージであるし…。
今後のハイコンプロの提案をする上で、色んなお客様に購入いただいているのは大変強みですよね。作る方はつらいんですけど…。


―でもユーザーさんは手を掛けた分だけ喜んでくれますよね。
松岡さん:
ユーザーさんのレベルが凄く高いです。大変ですけど、逆にやりがいはあります。ハイコンプリートモデルの時に「一部のユーザーしか買っちゃいけませんよ」みたいな注意表示があったじゃないですか。実はHCM-Proのスペックもそうなんですよね。知らない人が遊んだら壊れちゃうような細かい部分もあるので。
ただ、そういう意味でのクレームは現状だとないんです。
逆に、まだここまで出来るだろう?的なコメントをいただくこともあってバランス調整は、いつも苦労しています。多分、これからもバランスを取るのに苦労すると思います。


―歴史が長い分、ユーザーさんが遊び方を良く分かってらっしゃいますよね。Zガンダムやアッシマーの複雑な変形などは、まるでパズルですもんね。絶対無理だろうと言われていた物だったのに。
松岡さん:
エデン(試作を作るための光造形マシン)で出てきたのを見て、「すっげー、マジで、変形してるよ」みたいな(笑)。
でもそこがやっぱりガンダムをつくり続けているホビー部の設計部門ですよね。
ある程度、かなりわがままで適当な表現だったりするんですが、口頭で話したり説明したりすると、設計部門がそれを形にする力ってホントにびっくりするぐらい高いです…。いろいろ相談して設計の方に助けていただいてます。


―設計の方もガンダムが好きな方が多いですか?
松岡さん:
そうですね。しょうがなく好きになってる方も結構いると思いますけど(笑)。でもほぼ全員詳しいですね。ちょっと先ほどの話と重複しちゃうんですが、アッシマーは秀逸だなーって本当に思うんですよね。自分が考えたわけではないので言えるんですが、MS状態では腕のグリーンの所のフラップがキレイに収まっているんです。
でもフラップを立てるとMA状態の時にはパチっとはまって、ロック機構が働くんです。それって、普通はいらないものなんですけど、「玩具として遊ぶときにグラグラしたら嫌です〜」なんてわがまま言ってたら、2〜3日で「ココはこういう風に止めるよ」と考えてきてくれるんですよね。こっちからのオーダーとしては「多少形が狂ってもいいからちゃんとカチッと止めたいです…。
玩具として遊ぶときにグラグラしたら嫌だし…」ってかなり無茶を言ってるんですが、設計部門のほうでシルエット変更無しで、構造も検討して作ってしまって持ってきてくれる。そういう所が凄いと思います。

 

インタビューはまだまだ続きます。次回からは段々と緊張の解けてきたところで、更に更にぶっちゃけた楽しいトークをしてくれますよ!次回は「HCM-Proのラインナップの秘密!」バンダイホビーセンターのレポートもやっちゃいます!お楽しみに! >>> 第2回インタビューへ



Copyright (c) 1999-2006 Happinet Online Corporation. All rights reserved.   このページに表示している価格はすべて税込み価格です。