ガンダムグッズ専門店 ガンダマー・ドットコム
商品検索 >
RSS
ご利用案内
お問い合わせ
会社概要
かんたんリンク
イー・ショッピング・トイズ トップページへ
運営元:ハピネット・オンラインTOPページへ
 

第1話も公開され何かと話題の「機動戦士ガンダムUC」。そのガンダムUCシリーズのガンプラを続々と発売しているHGUCシリーズについて、バンダイ静岡ホビーセンターを訪問してお話を伺って来ました。
インタビューにご対応頂いたのは企画開発チームの馬場さん。ちょっとアーティストっぽい(?)風貌に真面目で淡々とした話し方…そんなクールな当初のイメージとは違い、お話を聞けば聞くほど「模型好き少年」の熱い心を感じさせる、そんな方でした。
HGUCガンダムUCシリーズの現在・未来が語られたインタビュー、どうか隅々までお楽しみ下さい!!
本日はどうぞ宜しくお願い致します!早速ですが、この「機動戦士ガンダムUC」のシリーズをHGUC化する事になった時期や経緯から教えてください。
馬場氏(以下敬称略):ガンダムUCシリーズ自体は小説の開始前からお話は伺っていました。3年以上前ですね。いずれ映像化したいという話は聞いていたので、映像が始まる時期にリンクさせて発売しようと思っていました。ですから映像の発表の時期が決まったタイミングがHGUCの開発の切っ掛けです。
小説には既に沢山のモビルスーツが登場していますが、どこまでをHG化するかというのは決まっているんですか?
馬場:まだ先のストーリーは見えていないので、小説の中で登場するモビルスーツと映像に登場するものは変わるかも知れないというのはありますが、その中でも小説で人気のあるものや、映像に出て来るもので新規にデザインされたものはなるべく全部やっていきたいと思っています。
公開されたストーリーに登場したものを見た後に揃えられる、というのを目指しています。実現出来るかわかりませんが…。
プラモデルの形状の基準になっているのはやっぱり映像の方なんですか?
馬場:サンライズさんからは映像の設定と小説の設定の両方をもらっています。その両方の中でバランスを取りながら作っています。映像設定では作画しやすいようにディテールが省略されていたりする事もあるんですが、小説の設定を取り入れつつ、映像の設定が基本になっています。 例えば、ユニコーンガンダムは映像化にあたって頭の部分にパーツの追加があったりと変化があります。今後もそういうものが出てくると思うので、取り入れて作っていく予定です。
小説の中の機能描写は相当細かいですよね?そういうものも織り込んでいるんですか?
馬場:映像では本来の設定は全て織り込まれて無いと思いますが、文章の中にあるものは極力拾っていこうと思っています。ただHGというのは「揃えやすい」という点にポイントを絞ってバランスを取るのが大事だと考えて開発している商品ですので、どこを強調してどこを減らしていくかという、差し引きの加減が重要になって来ます。ですので、「作りやすくて、キャラクターイメージを損ねない」という事を重視しています。
最初に出たのはクシャトリヤでしたよね。かなりインパクトがありました。クシャトリヤを最初にしたのはどうしてですか?
馬場:確かに普通はユニコーンガンダムだと思うんですが、事前に1話の内容が分かっていたので、一番活躍するであろうクシャトリヤを出しておきたいと思いました。既にMGでユニコーンガンダムは出ていましたので、ユーザーの方がご覧になりたいのはそれ以外のモビルスーツではないかとも思いましたので、その結果、クシャトリヤになりました。ボリュームの大きいモビルスーツだったので、トライアル的な意味もありました。
確かに、あのボリュームにはびっくりしました。
馬場:商品内容・価格的にもMGクラスになってしまいましたね…。普通のモビルスーツの周りにちょっと小さいモビルスーツが4つ付いているようなものですから(笑)
商品化に関しては、かなりチャレンジした感じなんですか?
馬場:作品単体で見るとチャレンジだと思いますが、HGUCのラインナップの中にあると考えると、ちゃんと収まる商品なのではないかと思います。HGUCには驚きのあるラインナップが必要だと思いましたので。当然「ユニコーンガンダムだろう」と思って頂いている所に、クシャトリヤから来るというのはインパクトを感じて頂けるのではないかと思いました。
色々なシリーズを重ねるたびに、技術革新というか技術の上乗せがあると思うんですが、このシリーズで新たに行った試みというものはありますか?
馬場:確かにガンプラは進化しているんですが、盛り込んでいくという進化だけでなく、その時代に合った作りやすさというか、シンプルな中でもツボを突いているというのも進化だと考えています。 HGに関しては、コレクションして頂けて、ストレスなく沢山作って頂ける、という枠組みでの試みの中で進化をさせていこうと考えています。
ユニコーンガンダムを「デストロイモード」と「ユニコーンモード」の2種類で出すというのも、両方並べてもらうというコレクション的な部分からの発想ですか?

馬場:
確かに、パーツ数を増やして複雑にして行けば変形できるものも作れます。でも、コレクションして飾ると考えれば、一つの商品だと両モード同時に見られないですよね。二つ揃えて両方のモードが一度に見られる場合と、二体分の価格の完全変形であればどちらが楽しいだろうかと考えました。
完全変形はSHCM-ProもMGもやっていますし、手に取っている時に部品が外れないとか、すぐに作って姿が見られるという風にもしたかったので、敢えて別々の商品にして、それぞれの価格を抑えるという事になりました。
一つではなく、敢えて別々の商品で出すというのは、本当に驚きでした。
馬場:金型は似た形状ものを別々に起こして作っているんですが、実は同じ金型で構成させるというのも検討しました。両モードで同じランナーが入っているけど出来上がったら違う、という感じだったんですが、二つ同時に生産する必要があったので金型を分けました。
その分、ユニコーンモードでは凹線の太さを少しずつ変えたり、デストロイモードではポリキャップを赤くしたりと、それぞれにトライアルを行っています。 固定だからこそ可能なバランスを調整してもらったりして、両モード共にベストプロポーションになるように調整しています。
ツボを突く、という言葉がありましたが、それでは他の機体に関してのツボも教えてください。開発する上で重視した所というか…。まずクシャトリヤから。
馬場:クシャトリヤは大きいモビルスーツなので、飾ったときのヘタリをなくそうというのが最も重視した点でした。肩にモビルスーツ1個分相当のバインダーがついているので、それをしっかりと固定させるのがテーマでした。 具体的にはABSを使ってロック機構を付ける事で、置いている間に形が変わらないようにしました。ボールジョイントを使わなかったり、とにかくポーズの固定の為の工夫をしています。
それでは次に、ギラ・ズールは?
馬場:ギラ・ズールに関しては量産機ということで、HGUCから流れのあるフォーマットからは大きく変わっていないんですが、作り込みしたいという方が多くいらっしゃるモビルスーツだと思ったので、色々作り込みができるように工夫しています。 例えば関節毎にブロックで分けて作業できるようにしてみたり、塗装ができないABSを使わないようにしたりしています。ユニコーンガンダムとギラ・ズールに関してはABSを一切使っていないんですよ。 もちろん素組みでも見栄えがするように、シールで色分けを再現できるようにしています。
他にも、色分けはパーツを増やせば完全再現できるんですが、複雑さや売価に跳ね返ってしまうので、色分けはしていないけれど簡易塗装がやりやすいような工夫をしています。 例えば、丸型のモールドがあるんですが、ギラ・ズールでは試験的にモールドの際に凹みを付ける方法を採用しています。(写真参照。モールドの際が凹んで深い溝になっている) この丸型を白で塗ろうとした時、少しでもはみ出たら修正がかなり面倒なんです。それに、もちろんこの部分は実際のモビルスーツでも別部品で作られていると思ったんで、部品と部品の間には隙間があるだろうということもあって、凹み線を付けました。 もしはみ出してしまっても、凹んだ部分に最後に墨入れすれば、はみ出た部分が墨で隠れるのでエッジがキレイに仕上がるんです。 実際自分が塗装している時に、こうなっていたらいいなと思った部分でもありました。
また、肩アーマーは後から嵌められるようになっています。腕パーツに対して完成した肩パーツを後からかぶせるという作業になります。 通常だと全塗装する場合は、腕部をまず先に塗装をして、肩アーマーをかぶせて接着してから肩アーマー部分を塗装する、という作業が必要になります。後から嵌められるようになっていれば、同時進行ができて作業効率が上がって楽になります。取扱説明書上では今までの方式で記載されているんですが、プラモデルを作り慣れた方には後から嵌められるとういうのが分かって頂けると思います。従来の方法で簡単にも作れるし、塗装する方にもやりやすい、という工夫を盛り込んでいる商品です。
関節も後から外せるようになっていて、なるべくブロックごとに作業できるようにしています。多少固いんですが、従来では挟み込んであるような部分を後からはめ込めるようになっています。塗装派の方でも作業をより簡易化できるようにと考えました。
かなり色々な工夫が入っていますね。そういうのはギラ・ズールだけに特化している物ですか?
馬場:確かに他の商品にも盛り込みたかったんですが、例えばギラ・ズールの次に出たリゼルには使われていないものもあります。リゼルで一番大事な事はモビルスーツとウェーブライダーの2形態のスタイルのカッコ良さだと思いましたので、リゼルは肘関節にABSを使っています。でもその分細いものの嵌合ができるようになり、肘関節の細さが表現されています。 ブロックごとの作業もできない部分があります。
それは、モビルスーツの変形ギミックの安定感を優先したかったからです。遊んでいると取れるとか、立たせたときに決まらないという風にならないように、なるべく安定できるという事を優先しました。 ただABSを使う部分も、できるだけ露出しない、本当に強度が必要な所に絞っています。同じグレーでも塗装したい所では金型を分けてPSに置き換えています。
ものづくり的な工夫の部分と、モビルスーツの機能の都合の部分のバランスを取りつつ仕上げるというのが、HGUCシリーズで今後も目指したい部分です。
では、スタークジェガンは如何ですか?
馬場:スタークジェガンは、「逆襲のシャア」版のジェガンの開発が先に進んでいたので、そのジェガンにパーツを追加していくという作業になりました。
一番悩んだのは、スタークジェガンのプロポーションのバランスです。ジェガンにパーツを加えてベストバランスのプロポーションだと思うものを作ったんですが、スタークジェガンの設定画のイメージに近づける為には何回か修正をしました。二次元で描くと同じ機体を元にしているのに、模型となると意外と同じバランスを取るのが難しいというのが分かりました。このプロポーションのバランスの調整が大きな課題でした。
あとは、まずとにかく商品化したい、そしてなるべく安く価格を下げたいという点と、構造上必要なパーツ数や可動範囲の問題との、そのバランスを取りつつ可動を再現する事に努めました。
ロトについては…?これもかなりサプライズではないでしょうか。
馬場:ロトは、いずれはやりたいと以前から思っていたものなんですが、やっぱりそのサイズがネックで…一体でパッケージにすると1000円位になってしまうんですね。この小ささで1000円というのは…と思ったので、二体セットになりました。
ロトも変形してタンクモードとモビルスーツの両方になりますので、ユニコーンガンダムと同じで2体同時に眺めて頂きたい、というのもあります。 二体セットを2形態固定にする方法もあったのですが、もっと面白いことをやりたいと思って、ほぼ完全変形になりました。 キャタピラは一体成型で固定なんですが、その分見栄えには気を付けています。戦車ですので、ディテール感は若干ミリタリー調になっています。
遊んで頂けて、かつ、ミリタリー的な部分の満足度も感じて頂いて、HGUCのラインナップに入れても違和感のないバランスで、というのを目指しました。ロトはABSを使っていますが、この小ささの中で関節強度を持たせる必要があったからです。 ロトは、なるべく武装てんこ盛りの商品にしていく予定です。
それぞれのモビルスーツのお話をお聞きしましたが、シリーズでの工夫…というより一つ一つに特化した形の工夫が満載ですね。
馬場:HGUCというシリーズとしては「なるべく手に入れやすい価格帯で揃えやすい、組み立て易くストレスなく作って飾って頂ける」というのがテーマです。 その二つテーマの中でモビルスーツを再現する為にそれぞれの方向性を決めていくという感じです。
先程お話に出たギラ・ズールの塗り分けの溝とか後からはめるというのは、ご自身の経験から出た工夫ですか?
馬場:そうですね、まず「こうあって欲しい」と思った点ではあります。自分も開発者でありながらガンプラユーザーですので、他のユーザーの方々と通じる部分があるんじゃないかと確信している所もあります。ですので、なるべくそういう部分は盛り込んで行きたいと思っています。
僕は30代半ばで結婚もしているのですが、バンダイに勤めているから昼間も模型を作ったりしていますけど、もし僕が全く模型に関わっていなかったら、今の自分の生活の中でプラモデルを作る時間をどれくらい取れるだろうか、と考えました。平日、家に帰って晩ご飯を食べて、家庭の事をそれなりにやり、プラモデルの為に取れる時間なんて奥さんがお風呂に入っている1時間位じゃないかと。「お風呂入って来るわ」で、よっしゃプラモデル仕上げるか!みたいな。(笑)
でも1時間じゃ大きく広げられないですね(笑)
馬場:結局食卓の机の上でパチパチパチって作る感じになると思うんです。となると、1時間か2時間のうちに完成するのがいいんじゃないかと。
もし1日で終わらなくても、翌日ちょっと早く帰ってきて「今日はゆっくり温まって来なよ」(笑)みたいな感じで続きを完成させて、寝る前には自分の好きなモビルスーツを眺められる、というのがいいんじゃないかと思っています。HGの良い点はそこにあると思っています。 ただ、モデラー的な気持ちとしては「もっと作りこみたい!」という希望もあるかと思います。
そこでHGシリーズは「簡単な組み立てができる」というのはしっかり押さえておいて、組み慣れた方にはガンガン作りこんで頂くための「作り込みの素材」としても使えるようなものでありたいと思っています。
ガンダムUCの1話の中で活躍しているモビルスーツを満遍なく出されているイメージなんですが、今後進めていくにあたって何種類位出る予定なんですか?
馬場:まだ先が読めていないので分からないのですが…小説に出て来ているもので、新規にデザインされているものは、やれる限りやっていきたいと思っています。
小説に出て来るものが早く欲しい!というご意見も頂いていますが、基本はやっぱり映像だと思いますので、映像の展開に合わせて進行していこうと思っています。2話3話と進んでいく中で、そこに登場するモビルスーツをどんどん出して行きたいと思っています。
それでは最後に、HGやHGUCのファンの方へのメッセージをお願いします。
馬場:多分長い間楽しんで頂く作品になると思いますので、ゆっくりお付き合い頂きたいと思います。HGシリーズに関しても、ユニコーン以外のモビルスーツに対しても新しい事をやっていきたいと思っていますので、ユニコーンのHGUCシリーズを単体で見て頂く方は作品とリンクして触れて頂けると思いますし、HGシリーズを続けて楽しんで頂ける方にはもっと面白いことがこれからも展開していきますので、是非ご期待して頂ければと思います!
馬場さん、どうもありがとうございました!今後の展開をものすごく期待しています!
■このインタビューで紹介された商品はこちら!
HGUC 1/144 RX-0 ユニコーンガンダム デストロイモード
販売価格:
1,320円
【30%OFF】
⇒13ポイント
HGUC 1/144 RX-0 ユニコーンガンダム ユニコーンモード
販売価格:
1,100円
【30%OFF】
⇒11ポイント
HGUC 1/144 NZ-666 クシャトリヤ
販売価格:
3,071円
【35%OFF】
⇒30ポイント
HGUC 1/144 AMS-129 ギラ・ズール
販売価格:
1,320円
【30%OFF】
⇒13ポイント
HGUC リゼル
販売価格:
1,470円
【30%OFF】
⇒14ポイント

HGUC 1/144 リゼル(隊長機)
販売価格:
1,610円
【30%OFF】
⇒16ポイント
HGUC スタークジェガン
販売価格:
1,470円
【30%OFF】
⇒14ポイント
HGUC 1/144 ロト ツインセット
販売価格:
1,170円
【30%OFF】
⇒11ポイント




Copyright (c) 1999-2006 Happinet Online Corporation. All rights reserved.   このページに表示している価格はすべて税込み価格です。
[an error occurred while processing this directive]